ポイント集め~普通預金~定期預金~資産運用

資産管理の基本方針一覧表

期間限定ポイント

なるべく食糧や消耗品など即時に変換していく。

期間限定なしポイント

ためて、衣料費など不定期な消費に使う。期間固定ポイントを使うときにちょっと余計に足す必要が生じるので、バッファとしてとっておく。

ひとつめの普通預金

  • 非固定費の支出をここからする。
  • 上限を定めて、一カ月のお金の流れをコントロールする。(5万円など)
  • その月に余った分は、毎月決まった日にもう一つの普通預金に移す。
  • 必ず余る程度に目標を設定する。

もう一つの普通預金

  • 固定費の支出を集約する。(家賃など)
  • 一カ月の支出が一定になっていることを確認するための口座(月額10万円など)
  • 赤字になっていないことを定期的に確認する。
  • 貯める上限を決めておく(100万円など)
  • 貯まったら、定期預金に移す(100万円貯まった→20万円残して定期預金に80万円いれる)

定期預金

  • 投資対象が見つかるまで現金を一時的に寝かせる。
  • 確保しておく現金の目標を設定しておく(100万円など)
  • それを上回る現金は、投資に回す(消費はしない)

株式

  • 本当に投資したい会社の株だけしか買わない。
  • 変な株を買うくらいなら定期預金かゴールドの方がまし。

純金積み立て

  • 無難なインフレ対策
  • 月に3000円程度積み立てておく。本当に困ったときのための保険
  • 投資対象がないなら月額3万円をめどに純金積み立てを増やす。
  • 何も考えないで入れておく投資はゴールドがよい
  • 国が潰れても残る資産は大切