Arduino M0を使ってみてうまくいかなかったメモ

Arduino M0を入手したので使ってみた。

Arduino M0 ProはAtmel ATSAMD21G18Aを搭載した、ARM Cortex M0+ CPUコアのマイコンボードである。

大幅に機能アップ、Arduino M0 Proは3.3V動作。各I/Oピンに入力できる最大電圧は3.3V。5Vはダメ。Arduino M0 Proの開発にはArduino IDE 1.7.6が必要。

Serialはそのまま使うことができず、SerialUSBを代わりに使えばよい 例)SerialUSB.println(“test”);

M0をしばらく使用しているとUSBデバイスといてのM0が認識しなくなることがある、パソコンを再起動すると回復するが開発効率が悪すぎて困った。

RN-42と接続してみたが動作させることに失敗中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です