初心者のブログの立ち上げ方をあらためて考えてみました。

ふと、欲が出てきました。私のブログの一つが、どうやら定着率が高くなってきたので、この雑文ブログもひょっとして成長させることができたらいいんじゃないかと思うようになってきたのです。そういうわけで、しばらくブログについての記事を続けてみようと思います。

ある程度成長したブログって、アクセス履歴を眺めているとRSSリーダーからのアクセスなんてものがあるんですね。SNSや検索エンジンだけでなく、本当に固定的にアクセスしてくれる常連読者がいるのです。私自身はそういう手間をかける週刊がなく、いつでもググって情報にたどり着きますので、正直言って、固定的に読むブログなんてものはありません。だから、どういう人がブログというコンテンツを読んでいるのかあまり理解していませんでした。

でもどうやら、ヒトには好みというものがあって、ブログを読む生き物もたしかにいるのです。そして、RSSを使って、ちゃんと整理してブログを読んでいるひともいるようなのです。

そういうことなら、ブログというコンテンツを目的をもって成長させる価値もあるんじゃないかな?と思うようにもなるわけです。

私が思うに、ブログのコンテンツ作りは、落ちモノゲームの「ぷよぷよ」に似ています。最初は、ぷよ4個で消せるようにコンテンツを作ります。慣れてきたら二連鎖を狙えるようになりますし、もっと慣れれば4連鎖とかできるようになります。

相互連携効果の強い複数の記事セットを作ることができれば、読者はそれを全部読みたいという欲求が生じるのです。そういうセットがいくつもできれば、固定的な読者層ができるようになります。

とはいえ、そういうことはある程度訓練しないとできないものです。

雑多な記事をいくつも書いて練習を積めば、テキストを整理して記事を膨らませるだけの情報が蓄積していきます。

言いたいことを何もかも詰め込んだ記事を最初は書いていても、やがて、言いたいことの重要なエッセンスを切り出した記事を書くことにも繋がっていきます。

そういうことを繰り返さないと、記事ってなかなか膨らんでいかないものですし、ましてや手ごろなサイズの記事にまとめることなんてできないと思うのです。

そういうわけで、文章はひたすら書いた方がいいんじゃないかと思います。その上で、うまくなっていったら、連鎖を狙えるような記事の書き方に移行していけばようのですね。

ノウハウ記事系ブログを維持するのは大変

クソ記事を書いてしまったとき

ブログのアクセスが急に増えてきたときに思ったこと

「初心者のブログの立ち上げ方をあらためて考えてみました。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です