ブログのアクセスログのチェック頻度

ブログをやっていて、アクセスログをひっきりなしに眺めているのは、はっきり言って、時間の浪費です。見るのなら、ちゃんと解析して意味のある結論を引き出し、それに対してちゃんとした対策をとるべきです。とくに、300記事書いてないようなブログではアクセス解析なんて手を出すのはやめましょう。その理由をこの記事では説明します。

広告収入が何十円の話なら、ほとんどの場合には時間の無駄なのでやめたほうがよいのです。そんなことをしているくらいなら、何か記事をかくこともできるというものです。

とはいえやっぱりアクセスログって気になるわけです。いつまでも放置しておくのもそれはそれでよくないでしょう。だから、妥当なチェック頻度というのを考えてみることにしました。

私が思うに、10000PVごとというのが妥当な線じゃないかと思うのです。たとえば、100PV/dayしかないようなブログなら、三カ月ごとにアクセスログをチェックしたらよいでしょう。10PV/dayしかないようなページなら30か月放置しろこの野郎という話です。

10000PVくらいだと、1000円くらいの広告収入価値はありますから、1時間かけて何か対策するとしても時給1000円くらいの価値にはなります。いやそれでも労働単価にしたら安すぎると思うのですけど、これより高頻度でチェックしてもまったく意味がないということは言えるでしょう。

おなじ1時間をかけるなら、記事を1個余計に書いたほうがよいでしょう。それで、10000PVになる期間を3%圧縮しましょう。その方が得ですよね。ちなみに、300記事もかけばどんなにくだらなーいブログでも月間10000PVくらいにはなります。ならないとしたら、本当に才能がないのでやめてしまいましょう。最低賃金のバイトをしたほうがマシです。

さて、真面目なことを言いましょう。

時間を使ってアクセスログを見るのなら、自分が過去に書いた記事を読んでみましょう。読者として読んで、そこに何が不足しているのかを感じ取りましょう。まず、自分自身のやっていることをブラシアップするべきでしょう。小手先で、読み手の流れを操作しようとしてもうまくいかないですし、何より時間と精神の浪費だと思うのです。

ブログのアクセスが急に増えてきたときに思ったこと

 

 

 

 

 

 

初心者のブログの立ち上げ方をあらためて考えてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です