無料でブログをSNSに沢山シェアされるまで成長させる方法

ブログ記事は、投稿したらオシマイではなく、年月とともに成長させてもよいのです。ところが、多くの人は一旦投稿した記事を完成品として扱ってしまい、何年たっても更新しません。

これは非常にもったいないことですね。

ブログを書く人の知識や関心も、年月とともに広がっているのですから、時間がたったらもっとたくさんの情報をうまく読者に伝えられるようになっているはずなのです。

この記事では、ブログを上手に成長させる方法について考えてみます。

上手に記事を成長させるブログ

ブログという形式のコンテンツであれば、記事のなかのセクションを肉付けした結果、新しい記事を生み出すことも可能です。

記事を投げ、読者の反応を見て、もっと伝えたいことが伝わるように肉付けし、新しいコンテンツの可能性を見つけて、それをまた記事にする。

そういうサイクルが出来上がれば、自分の生活の中にブログ執筆というものが溶け込んできますし、自ずと読者層も厚くなり、アクセス数も増加しはじめるはずですね。

記事サイズの目安

記事を成長させるという目標を持ったら、次に、記事のサイズを意識する必要がありそうです。ブログ記事のサイズの目安はどのくらいか?という情報をインターネットで検索すると、いくつも情報が見つかります。

おおよその文字数の目標は1500文字~15000文字といったところのようです。

こちらの、ネットニュースストリートさんのブログでは、いくつかのブログの記事数を定量的に分析されていらっしゃいます。

5つの人気ブログの人気記事5つずつを検証してみました。文字数はそれぞれバラバラでしたが、傾向としては「意外に文字数は多い」という印象です。
2,000〜3,000文字どころか10,000文字を超える記事もザラにありました、

出典:ブログの文字数は?1記事1,000文字以上の罠 – ネットニュースストリート

1500文字というのは検索エンジンに嫌われないための目標で、あまり短いと有用な記事とみなしてもらえない可能性が高くなります。一方、記事が長大すぎると、読者が読み疲れてしまいます

記事のサイズは1500文字くらいからはじめて、20000文字くらいまで成長させながら、ときおり適切に分割を検討するというスタイルが良さそうです。

記事サイズの上限については、この記事の後ろの方で説明します。

「見出し」のある記事は成長させやすい

ブログコンテンツの見出しをきちんとつけることは、アクセス改善という意味でも、文章の整理という意味でもとても効率が良いです。

見出しのついた記事であれば、全体をいちいち見直さなくても、部分的に記事を見直して肉付けすることが可能になります。肉付けしてボリュームが増えてきたら、記事を分割することもできます。

記事は最初から完成を目指すよりも、着実に成長させたほうが結局は読者にも自分にも役に立ちます。最初は「見出し」なんて気にしないで記事を書き上げることに集中すればよいですし、一方、時間がたったらブログの「見出し」を整理するのはコスパの高い改善方法だと思います。

エビデンス(根拠)を追記していく

記事を成長させるには、ただ文字数を膨らませるのではなく、読者がより定着し、PVが増えるように成長させることが大切です。

そのための簡単な方法の一つが、エビデンス(証拠・根拠)となる情報を追記するというものです。量や大きさといった情報について、ぼんやりしたイメージをもっているだけでも、なんらかの作文をすることはできます(それだけでも価値のある情報です)。

でも、証拠がぼんやりしていると、記事全体がぼんやりしてしまいます。それをすっきりさせることができれば、読者の信用を獲得することができるようになります。

一般的に、情報の確度を高めるには、時間とコストが必要です。(だからこそ記事により高い価値が生じるのです)

  • もっとも簡単なのは、インターネット上の情報の「引用」を追記することです。検索してひっかかった情報を、出典を添えて引用するだけで、読者のもやもやは緩和されます。
  • もっと良いのは、図書館などで調べた信頼できる書籍などの情報を追記することです。
  • もっと素晴らしいのは、自分で実験したり実証できるデモンストレーションをして動画や写真といった具体的な成果物を提供することです。

丁寧に時間をとって資料集めをすれば、プロ並みの仕事ができます。でも、私たちには無限に手間をかけられるわけではありません。

「記事を成長させる」というのは、そういう情報をリリースする工程と、情報をブラシアップする工程をうまく切り分けることに相当します。

都合のよい引用元が見つかったり、ぼんやりした記述を見つけた時に、継続的に記事を補強できることが大切なのです。

読み疲れる記事は上手にセクション(節)に分割する

先に記事の長さについて書きましたが、ここでは記事サイズの上限について説明します。

記事が長大すぎて読み疲れる場合、セクションに上手に分割して構成を整理することで読み疲れにくいコンテンツに変えることができます。

私は、記事の文字数の上限は「長くてもよい」だと思っています。逆に、1000文字程度でも普通の人にとっては長い文章に思えてしまいます。数百文字でも、読めない人には苦しいのです。

見出しと節の構成をきっちり丁寧に行うことが、ブログを成長させるコツでもあり、記事を読ませるコツでもあり、記事をシェアされるためのコツになります。

検索エンジンが賢くなったとはいえ、まだ洗練されているとは言えません。2018年現在でも、Googleはやっぱり長めの記事を上位に掲載します。(とはいえ、単純に文字数ではないですし、ユーザーの満足度をなんとか定量化しようと努力しているわけです。)

「記事の分割は急がない」方が、記事を成長させる過程を有意義にネットに公表していくことができ、結果的に多くのPVを稼ぐことができるのです。

SNSにシェアさせる記事の書き方

記事のボリューム感としては

  • 「セクションいくつかでお腹いっぱい」
  • 「記事を後で全部読みたい」
  • 「でも、全文は長そうだなぁ」
  • 「ブックマークしたい」→「シェアしちゃえ」

くらいが最高に手応えがあるように感じます。

読者に全文を読み切らせようと思うかもしれませんが、はっきりいって、他人のブログ記事を頭から最後まで読むなんて人はそもそもほとんどいないのです。

めんどくさがりやの読者は、SNSにシェアしちゃえば誰かが意見を言ってくれるだろうという態度をとります。そういうエネルギーを有効に使いましょう。

いろんな人が記事をシェアして、それぞれの読者が興味のある部分について言及するようになって、ようやくブログ記事全体が読まれるようになります。

コツコツ書いてドカンを狙うブログ

こういう作業を続けていると、ポツポツとSNSなどでシェアされるようになり、ある日突然、バズります。

それでも振り返ってみると、バズったときのPVと同じくらい、普段からの小さなアクセスがPVをもたらしていることがわかります。

だから、記事の中のセクションごとが有用な内容だと思えるようにまとめましょう。そして、セクションごとにブラシアップして記事の価値を高めればよいのです。

ブログは凡人に大きなチャンスを与えてくれる道具です。才能のある人は一本釣りすればよいですが、私のような才能のない凡人でもコツコツと成長させることができるから有難いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です