2019年小規模CAD開発環境用NASはこの一択

結論:DS218jがよい。

メーカー情報:https://www.synology.com/ja-jp/products/DS218j

 

  • ソフトウェアが秀逸
    • 差分バックアップができる
    • Cloudへのバックアップもできる
    • ネット経由の外部アクセスインタフェースあり
  • 値段は典型的なNASより2000円高いくらい~20000円

はっきりいって、NAS導入のコストで一番高いのは自分の値段。ソフトウエアが秀逸で、ユーザーが多く、ネット上のアドバイスも手に入る。という点が一番重要。QNAPとSynologyで悩むとすれば、Synologyの方が解らない時にググれる

次に基本性能が大事。

  • 消費電力が少ない 17.48W/7.03W HDDハイバネ時
  • 速い 112MBps
  •  静か(大型ファン搭載)
  • USB3ポート二つつき(外部拡張可)

あと、当たり前だが。

  • GbE対応(当たり前)
  • RAID組める(当たり前)

いずれにしろ高速ストレージはPC本体に搭載するので、NASはあくまでファイルサーバだ。4TBくらいをミラーリング設定で置くのが良いと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です