鉄フライパンを育てるためのソフリートの作り方

鉄フライパンを育てるための、ソフリートの作り方を見出したので紹介します。

僕には、卵料理専用のフライパンでオムレツを作るという趣味があるのですが、なかなか新品のフライパンを育てる良い方法が見つかっていませんでした。

ある時、イタリア料理やスペイン料理で使う「ソフリート」いわゆる玉ねぎやセロリなどの香味野菜を飴色・褐色になるまで炒めるアレを作るのがとても良い方法だと気づきました。

ソフリートを作る

およそ20分程度の作業で完成し、完成したソフリートは冷凍保存してミートソースを作ったりスープを作ったり、オニオングラタンスープを作ったり、さまざまなレシピに使うことができます。

なんでこれがフライパン育てに最適かというと、調味料を使わないこと、野菜を炒めること、加えて途中に、焦げ付きを取り除くレシピになっています。

 

フライパンメンテナンスのためのソフリートの作り方

  • オリーブ油を大さじ2杯、フライパンに流す(多めでよい)
  • みじん切りにした人参1本、セロリ0.5本(茎の部分のみ)、玉ねぎ1個を順に入れていく。
  • 強火でフライパンを動かさずに加熱
  • 水分が飛んで焦げそうになったら、ゆっくりヘラで裏返す
  • これを3回くらい繰り返したら、コップ0.3杯の水をフライパンに流す。
  • 木べらでフライパンについた焦げ(あれば)をこすり落とす
  • すると、一気に玉ねぎが褐色に変化する
  • 水分を飛ばしたら、もう一度水を流す
  • 再度水分を飛ばして完成
  • 温かいうちに保存用の容器に移し、フライパンをキッチンペーパーで拭き上げる。

甘いソフリートができたら完成

昔から、新品のフライパンにはくず野菜を炒めなさいという教えがあるのですが、より実用的に、ソフリートを生産するという手段を使おうと考えました。これがなかなかうまくいって、ソフリートもおいしく素早くでき、かつ、フライパンもしっかり黒光りするようになっていきます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です