NECのカラーレーザーColor MultiWriter 5800C PR-L5800Cが錬金術的に安く売られてる!

このプリンタ買ってみた。これ、マジでいい買い物だった。

基本的にいいプリンタ

2016年モデルだけど、完全に業務用設計になっており、明らかに高スペック。23ページ毎分の印刷速度は明らかに高速で、2019年の競合他社の製品でいうと6万円位の性能だ。

なんと、2016年時点の定価は84800円だ。カバーを開けて中を見ると明らかに金属部品だらけで構成されていて、頑丈な作り。まさに業務用。そのかわり、24kgと重い(ごく最近の家庭用カラーレーザーは15kg程度まで軽くなってきている)。

あえて言うと、最近のCanonなんかのカラーレーザーは9600dpiをうたっているので、カタログスペック比較をすると2400dpiのこのプリンタはこの点だけやや劣るかもしれない。でもそれだけじゃん。

実際、9600dpiの印刷をレーザーでしたいことなんてない、そもそも最近のプリンタには高速なプロセッサが入っていて補完して無理やり高解像度を印刷しますと言っているだけのことだ。

あといいのは、このプリンタトナーが純正品も互換品も安くなっていて、しかも半分容量の製品が用意されていること。6000枚分のトナーと3000枚分のトナーがあるわけだ。

僕の場合、3000毎というのが一年の消費量くらいだから、ちょうど決算ごとに3000毎トナーを買えばよいことになる。この点もなんとも都合がよい。

これ、在庫がはけるまでのたたき売りだと思う。

完全にチャンス品だ。

トナーの値段がwwwwwwwwwwww

ちなみに、純正品トナーの値段が、4色セットだと27000円くらいだ。これは笑える。というのも、トナー入り本体が23000円で買えるからだ。ちなみに、互換品トナーだと7000円くらい。

トナーがなくなったら、新品のプリンタを買い、トナーなしのプリンタを1回だけ使いましたという説明とともにヤフオクで売ると、1.3万円で売れる。

2.3+-1.3+2.3=3.3万円で本体+トナー+トナーが買える計算になる。

これ、本来なら2.3+2.7=5万円だから2.2万円得してる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です