フライパンによる鶏肉・鴨肉を燻製の最適化

フライパンにステージを置いてボウルでカバーして行う簡易燻製は、コンパクトな燻製をしたい時に便利です。

しばらく一斗缶スモークばかりしていたのですが、鶏や鴨のむね肉1枚を扱うときサイズ的にちょうどよいので、一斗缶でスモークするまでもないときにはこれを使うと便利だと気付きました。

そういうわけで、しばらく火力やチップの量を微調整して記録したいと思います。

表面がゴムのように固くなる問題

意気込んではみたものの、だめだわこれ。鶏の皮がひどく固くなる。どうやったら解決できるのだろう。

とりあえずの候補をあげておく。次回再チャレンジしよう。

  • パイナップル・キウイなどのフルーツで攻める
  • ヨーグルトで攻める
  • 炭酸水で攻める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です