ドレメル4300でできる金属加工

  • 回転砥石による薄鉄カット
  • 回転砥石による厚鉄カット
  • 回転砥石によるアルミカット
  • 鉄穴あけ・アルミ穴あけ (小孔)
  • 回転砥石による穴の拡大

これらがしたいならドレメル4300です。競合するルーター・ハンドグラインダー・μグラインダーと比べると、175Wと飛びぬけてパワーががあり、DIY向けのオプション製品が無数に売られています。

なお、精密な加工(アート的な)がしたい場合は、ナカニシなどのもっと高級なマイクログラインダーを買った方がいいです。問題は、その中間レベルの製品がほしいときかも。

 

素敵な動画見つけた。ドレメルを使って、アルミパネルの穴加工などなどをデモってるやつだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です