Teensy4.0を買ってみて遊んでみた

Teensy4.0を買ってみたので遊んでみた。

Teensy 4.0とは何ぞ

これ、Arduino互換の中では格段に高速で、通常駆動で600MHz クロックアップしたら1GHz程度まで高速化できる。

下記のベンチマーク図は本家ウェブサイト(https://www.pjrc.com/teensy-4-0/)から引用させていただく。ArduinoMegaと比べると、330倍~1000倍(クロックアップ時)も高速だ。

ここまでくると、FPGAいらなくなる領域が増えてきそう。

購入

本家だと$19.95と安いのだけど、送料が高いのと到着が遅くなるので、ヤフオクで買ってみた。正規品が2800円程度で買えた。

その他日本国内の通販サイトは軒並み割高でだいたい3200円以上になってる、細かい値段を気にしないならAmazonにSwitchscienceが置いてるのでこれをポチるのが簡単かもしれない。

同時に、細いピンヘッダとブレッドボードを買っておくと、便利だ。あと、書き込みにはマイクロUSBのケーブルが必要だ。

ピンアサイン

ピンアサインがこちら。使えるピン数はとても多め。本家から買うと、こちらを厚紙に印刷したチートカードがセットで送られてくる。

プログラムの書き込み

プログラムの書き込みは、Arduino IDEでいける。ただし、アドオンのインストールが必要。

add-onはこちらにある。Windows, Linux, Macで使える。

https://www.pjrc.com/teensy/teensyduino.html

このadd-onを使うには、WindowsAppでインストールするとダメで、Zip版をインストールしないといけない。(インストーラの途中でnextがでなくなって往生する)

あと、初期状態だと、ボードがArduino/Genuino Unoに設定されているので、Teensy4.0に切り替えないといけない。

さもないと変なエラーが出る。↓

avrdude: ser_open(): can’t open device “usb:0/140000/0/6”: �t�@�C�����A�f�B���N�g�����A�܂��̓{�����[�� ���x���̍\�����Ԉ���Ă��܂��B

マイコンボードに書き込もうとしましたが、エラーが発生しました。
このページを参考にしてください。
http://www.arduino.cc/en/Guide/Troubleshooting#upload

FX-888 vs FX-951 vs FX-100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です