僕の考えるデスクトップを維持するための最強の壁紙(Windows用)

僕が、人生で一番長く使ったWindowsの壁紙がこちらだ。ネットサーフィンしていて見つけたもので、4分割が不思議と使い勝手がよく、また色味の選択も不便を全く感じなかった。

人類は、これ以上こまかく整理しても意味がないのかな?とさえ思った。

Color Quadrants, Adam Dachis 2560X1440

Color Quadrants, Adam Dachis

その後、僕なりにアレンジしてより使いやすくしたのがこちらだ。

気づき1: マルチディスプレイの使い方

僕は2560×1440の液晶モニタを2面使っている。一つをメイン(それを右側に配置する)、もう一つをサブモニタ(こっちは左側にある)と認識している。あるとき、4分割レイアウトは右側のメインモニタだけにあれば十分で、左側のモニタは暗いほうが楽なのだと気付いた。

気付き2: レイアウト崩れの解消

もう一つ問題がある、ウィンドウズのアプリケーションは自動生成したアイコンをメイン画面の左上から順番に並べてしまうことだ!

いくら4分割して意味付けした整理整頓を行っても、新規作成したアイテムが勝手に左上から順に並んでいくと、怠惰な僕のディスプレイはあっという間にぐちゃぐちゃになる。これが気に入らないのだ。だから、新規に生じたアイコンを配置するスペースは予約することにした。

これらを考慮して僕が作ったのがこちらの壁紙だ!

ねぇ、最強じゃない!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です