とにかく履き心地の良い靴下を手に入れるまとめ

自分はファッションに全く興味がない。だから、服もあまり選ばない人間だった。ましてや靴下なんて、選ぶ理由はなく、いつもなんとなく安い黒い靴下をまとめて何足か買ってそれを使っていた。

けれどもある時気づいたのだ。靴下には「履き心地」という概念があるということを。そして、履き心地はカネで買えるのである。そんなわけでしばらくの間、靴下を買って、「履き心地」をチェックし、良いものを選んでいく作業をしていた。

高い靴下といっても一足1000円から3000円のレンジなので、大した出費にはならない。3万円も予算があれば目ぼしいブランド靴下は履いていけるわけで、1年くらいかけて、好みの靴下をより分けていった。

その結果がこちら。

タビオというブランドの メンズ パワーフィット2×2リブソックスという製品だ。他の靴下は、結局のところどうでもよかったので、この靴下でチャンピオンは決定だから他は紹介しないことにする。

この靴下が素晴らしい理由を4つあげる。

  1. 内側の縫い目や仕立てが絶妙
  2. かかとの屈曲確度が完璧
  3. ゴムの締まり具合が良い
  4. 1年使ってもよれないで新品のままのクオリティ

まず、この靴下が素晴らしいのは、しっかりと履けるということである。1日履いていても、ルーズソックスみたいにだれたりしない。しっかり止まっている。それでいて、締め付けに不快感があるわけでもなく、むしろほどよい締め付けが続く。

不思議なことに、この靴下を履いていると、しっかりした靴下を履いていることに意識が向くのである。これは不思議な感覚だった。靴下なんて履いてしばらくしたら忘れてしまうくらい存在感のないものだった。それが、この靴下は靴下が足元をしっかり守っていてくれるというほど良い安心感を何十時間もくれるのである。

この理由を自分なりに研究した。結果わかったのだが、縫製の設計と実際の仕立てが本当に素晴らしい。不自然なひっかかりなどが徹底的に存在せず、ふしぜんにダレる箇所もまったくないのだ。実に無駄のない美しい設計なのである。そして、素材の選択もよく考えられている。

僕は服飾の専門家ではないから、これが何でできているかとか言う話には興味がない、たぶんメーカーのウェブサイトには書いてあるだろうから、興味があったら覗いてみてほしい。僕は、感覚的にこの靴下が世界一だと認識したので、それで満足しているわけだ。

他に試した靴下は20足くらいあった。安いものはどれも微妙な違和感がった。あるいは高級品でも、なんか癖があってしんどさがあった。この靴下だけは、純粋に心地よさだけを提供してくれた。

だから僕は生涯の靴下を買い続けるつもりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です