プラチナを買う10の理由 2021 1月現在

  1. インフレ懸念の台頭
    各国政府の法定通貨の価値希薄化、全ての国とくに米国政府の赤字拡大
  2. 他の貴金属に対する出遅れ感
    金・銀に対して上昇率がまだ低く、インフレを十分に織り込んでいない
  3. 水素燃料電池用触媒プラチナ需要の拡大
  4. 水素製造装置用触媒プラチナ需要の拡大
  5. EUのグリーン燃料推進によりディーゼル車の需要が残る可能性
  6. 南アフリカでのコロナ拡大による供給減少
  7. 南アの隣国モザンビークでのISの活動、治安悪化と難民の拡大
  8. バイデン政権誕生によるさらなる社会主義化と財政の急速な悪化期待
  9. 南アフリカの鉄道輸送網の破壊
    コロナによる警備不足で電線やレールが盗難にあっている、すでに事故も起きた。
  10. 2020年の白金の需給が37トンの供給不足、2013年以降最大となっているが、価格はいまだ最安水準。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です