2021年年初からみた、プラチナの目標価格

僕の個人的な目標水準は、1900ドル/ozだ(2021年1月現在)

2020年の白金の需給は、結局37トンの供給不足。これは、WPICが調査を始めた2013年以降最大となされている。一方、同じ期間ではまだプラチナ価格は最安の水準にある。

ゴールドが1900ドルまで回復していることを考えれば、プラチナも1900ドル/oz程度まで回復するといいな、と考える。

別の記事で述べたように、現時点でプラチナが値下がりする要因はほとんどない。それと比べて、上昇する因子はざっと考えるだけでも10個見つけることができる。

統計上、プラチナの採掘コスト自体は700ドル以下まで下がっているようで、これだけが投資家の中で引っかかる数字じゃないかと思う。ただ、この数字は「パラジウムやロジウムなどの他のプラチナ族元素が高く売れるからこのくらいまでプラチナが値下がりしても鉱山会社は耐えられる」という意味合いの数字でしかない。つまり、供給側の都合だ。

これから問題になるのは、需要側、消費側がいったいいくらまで金を出す気があるかということである。供給は明らかに不足しているから、需要家にとって安値のうちにプラチナを仕入れることは合理的な選択になる。実際、中国勢は宝飾用のプラチナを大量に仕入れているらしいことが統計から確認される。

1900ドル程度まで上昇したとして、既存の産業が躊躇するかというと、僕はそうは思わない。

そのあたりまで上昇すると、ゴールドと同程度の値段になる。ゴールドが値上がりしてしまった現在、宝飾品におけるゴールドは混ぜ物の割合が非常に高くなってきている。安っぽい割り金ゴールドよりも、しっかりとしたプラチナが欲しいという感覚は強まってくるだろう。

燃料電池用のプラチナは、言っても数百万円の車両価格に対して数万円程度であるから、本質的に価格インパクトを与えるのは現在の相場から一桁以上値上がりするような状況にあなってからだ。だから、2000ドル前後まではスムーズに上昇したとしてもお産業自体へのインパクトは少なかろうと思う。

現在、市場ではインフレからの逃避先を探している状態だ。異常に人気が出ているビットコインは、昨年の安値から6倍まで上昇した。この傾向が今後も続くか続かないか分からないが、いまからあえてリスクをとって仮想通貨に参入するくらいなら、プラチナをコツコツ買うことをお勧めしたい。

プラチナを買う10の理由 2021 1月現在

  1. インフレ懸念の台頭
    各国政府の法定通貨の価値希薄化、全ての国とくに米国政府の赤字拡大
  2. 他の貴金属に対する出遅れ感
    金・銀に対して上昇率がまだ低く、インフレを十分に織り込んでいない
  3. 水素燃料電池用触媒プラチナ需要の拡大
  4. 水素製造装置用触媒プラチナ需要の拡大
  5. EUのグリーン燃料推進によりディーゼル車の需要が残る可能性
  6. 南アフリカでのコロナ拡大による供給減少
  7. 南アの隣国モザンビークでのISの活動、治安悪化と難民の拡大
  8. バイデン政権誕生によるさらなる社会主義化と財政の急速な悪化期待
  9. 南アフリカの鉄道輸送網の破壊
    コロナによる警備不足で電線やレールが盗難にあっている、すでに事故も起きた。
  10. 2020年の白金の需給が37トンの供給不足、2013年以降最大となっているが、価格はいまだ最安水準。

モザンビークでテロが活発化している

モザンビークにイスラム勢力ISが侵入していて、ここ数か月にわたって活動が活発化している。

モザンビークの北部では、3年前から過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る武装グループが、警察署や軍の施設、それに一般住民の集落などで襲撃を繰り返していて、国連の推計ではこれまでに53万人が避難を余儀なくされています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201225/k10012783331000.html

11月10日、モザンビークの北部のナンジャバ村で、過激派ムスリムによって50人が斬首され殺害された。殺害者らは、彼らの信念に同意しない者や、棄教を拒んだキリスト者らを村のサッカー場に集めて殺害した。

https://www.christiantoday.co.jp/articles/28878/20201217/world-mission-prayer-december-17.htm

資源国であるモザンビークの治安悪化により、ガス供給などに影響が出始めている。さらに、隣国ジンバブエ・南アフリカに飛び火する場合、プラチナなどの貴金属価格を大きく動かす可能性が生じてきた。

ISは、貴金属取引に積極的に参加した上でこれら地域への攻撃を行うことで、テロ資金を拡大することができるから、現時点で先進国政府がどのように動くのか、あるいは、動かないのかに注目しておきたい。

洋上風力発電でプラチナが買われる理由

洋上風力発電では、日本が世界から注目されている。

というのも、日本には海及び排他的経済水域の面積では第6位の海洋国家だからだ。日本近海で大量の電力を作り出した場合、中国など発展の基地される大市場へエネルギーを供給することができる。

日本政府は補助金による産業推進を異常に好む国であるから、一旦火が付けば洋上風力発電はバブル的に成長する可能性がある。このページの読者はおそらく、洋上風力発電がすでに話題になったころにこのページを読んでくれているはずだ。と同時に、水素燃料電池への採算を無視した補助金政策が走り始めているはずだ。

それはいまや、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関を中心に発達した日本の自動車産業を殺そうとする勢いである。現時点では、もはや洋上風力発電に投資するタイミングではない。それらへの投資はすでに進んでいる。今から投資するべきは貴金属プラチナだ。

公務員たちは利権を作るために産業に介入し、規制や税を作り出すことによって自らを養わせようとする。洋上風力発電も水素燃料電池も、採算を無視してタテマエのみでごり押しするだろうから、そこに経済的合理性はいらない。ただ、介入に都合のよい口実があればよいのである。「環境」だ。

水素燃料電池と洋上風力発電は、セットで補助金政策のターゲットになるはずだ。そこに、世界中の自動車会社と機械メーカーが飛び込み、一時的なバブルを形成する。そこで確実に足りなくなるのが、洋上風力発電による水素生成にも燃料電池にも必要とされるプラチナである。

プラチナは埋蔵量も採掘量も有限な希少資源であるから、急な需要増大においつくことはできない。つまり、マスクが不足におちいったときと同じように急速に不足する。しかしながら、政府の補助金政策は国民からの徴税を前提としたものであるから採算の悪化を無視して市場介入が続けられる。不採算になっても洋上風力発電は推進され、水素燃料電池はごり押しされるはずなのである。

結果的にここにとびこんだ企業は体力を失う消耗戦に陥る。最終的には市場は焼け野原になるだろう(ちょうど、政府の音頭によって行われた太陽光バブルや液晶バブルがはじけたときにそうなったように)

この過程で生じるのは、プラチナの高騰だ。このタイミングで少しでもいいからプラチナをもっているとよい。資産を増やすことができるはずだ。変に株式なんて買ってチキンゲームをやらないで、貴金属を安値のうちに買っておこう。

「供述する」の本当の意味

「供述する」の意味を正しく理解している人は少ないのではないだろうか?

辞書的な意味は、こうだ。

刑事訴訟法上、被告人・被疑者・証人などが、主として裁判官・検察官などの尋問に答えて事実を述べること。また、その内容。「犯行の動機を供述する」

より正確にはこうだ、刑事訴訟手続き中、警察官、検察官などに質問されて、それを「調書」と呼ばれる書面に記録し、署名捺印する、という作業が行われる。このとき、調書の作成は被疑者(あるいは参考人など)と担当捜査員の共同作業というタテマエになっている。

これが、刑事訴訟手続きにおける供述である。つまり、被疑者などが警察官などと供に述べたことを書類化することを「供述する」と表現するわけだ。

ここで注意してもらいたい。

実は「~などと供述する」という表現が使われるとき、実際にその表現を作り出しているのは被疑者ではない事の方が多い。多くの場合、担当する警察官や検察官が被疑者や参考人の発言をもとに作文して、調書を作成する。

被疑者や参考人は、「このような調書を作成したのでサインしなさい」などと言われて、それに署名する。

多くの被疑者は、細かい表現などについて注文をつけたりしない。「そういうものだ」などと思い込んだままサインをするわけだ。(しばしば、警察に都合のよい作文が作られ、そのせいで後の裁判で不利になる人も多い。違和感を感じるなら、調書へのサインは拒否するべきだし、拒否してよいのである。無論、そんなことは警官は教えてくれない。)

そんなわけで、「~などと供述している」とメディアが報じている場合、実際に作文しているのは警察官であり、被疑者ではない。さらに、供述調書の一部を切り取って警察発表というものは作られる。

「こんなこといっているのか、けしからん!」などという感情があなたに湧いてきたとしたら、おおよそそれは警察の思惑によって誘導された結果だ。大抵の人は、自分が文章を書くなら、そんなに無礼な文章は書かないものだ。

「かっとなってやった、今は反省している」なんて作文をする被疑者は、実際にはいない。あれは、あくまで公務員警察官が文例をつないで作ったじつに貧相な行政作文でしかないのである。

月に50万円稼げるようになろう。

一か月に100万円、トレードだけで稼げるようになろう。

そのためには、運転資金を1000万円に増やせばよろしい。

だがしかし、今ではない。次に大幅な不景気が到来したときにチャレンジしよう。

この判断が、きっとプラスになる。

損しても平気!?僕の投資ポートフォリオの考え方

こんにちは、寸止めボルトです。

投資についての考え方は人それぞれですが、僕は「損してもよい」投資を心がけています。もちろん、投資するのなら1円でも余計に得した方がよいには違いないのですが、実際にはリスクがあるのが投資というもの。

実際のところ、1円でも損するのは嫌だと思っていた頃は、のびのびした投資行動がとれず、損失を膨らませてしまうものでした。1円でも損したらがっかりし、しばらくしてちょっとでもプラス圏に入ったら利確する、こんなことを繰り返せば、含み損のある銘柄ばかりが残って、すぐにダメ銘柄コレクターになってしまいます。

損してもよい投資を心がける

ここで、「損してもよい」投資とはなんだろうか?と考えるのです。

  1. 仕事がないときに、少し余計に稼げるようにする
  2. インフレが起きたときに資産が目減りしないように備える
  3. 寝かしている資金から長期的に収益を得る

これです。

まず1番目、僕は本業が自営業で別にあるので、投資の目的を本業のリスクヘッジに置こうと考えることにしました。仕事がないときの日銭稼ぎは、できるようになるととても大きいです。本業で忙しくなく、受注を待っているような状態のときに、銘柄研究をしたり、デイトレをしたりします。本業があるときにこれをやってはいけません。もっと運用資金があれば本業よりも時間単価の高い労働になるかもしれませんが、僕は今のところ本業のほうが稼げるのです。だから、何より本業を優先し、仕事が暇なときにだけ投資に頭を使うことにします。

2番目、資金が寝た状態にあるというのは、インフレに対してとても脆弱です。物価が上昇したときに、資産が増えていなければ、損したことになってしまいます。これを避けるために資産運用がとても大切なのです。

3番目、寝かしている資金から長期的に収入を得ようとしているわけです、途中でマイナスになることはもちろんありますが、やがてプラスになると信じられる投資だけを行います。この前提が崩れていないなら放置し、前提が崩れたなら、損切・利確にこだわらずに、ポジションを解消します。

自分に課すルール

投資したい銘柄がないなら、貴金属を小さく買い続ける
とくに投資したい銘柄が見つかっていないときには、本業の余力は貴金属に向けます。1日に500円とか1000円の割合でよいので、貴金属を買い続けることにします。これは、純粋にインフレへのヘッジです。投資する貴金属は、原則はゴールドです。そして、投資妙味があると気付いているなら銀やプラチナに振り分けます。現在僕は、プラチナを好んでいます。中長期的に金より期待しているからです。だから、原則を変更してプラチナを買い始めています。でも、手持ちのゴールドは売りません。

投資したい銘柄を見つけたら、少しずつ買う
投資したい銘柄をみつけたら大きく買わずに少しずつ買います。自分の想定している価格より下なら買い、上がってしまったら素直に追加の買い付けをあきらめます。ここで辛抱することで、深追いして痛手になることなく投資を続けることができます。含み益のある銘柄は、そのままホールドし続ければよいのです。いつか資金が必要になるときまでもう見ないことにしてしまいましょう。

投資したい銘柄は定期的に探す
投資対象たりうる銘柄は、日本中に、世界中にあります。少数の銘柄について集中して研究することは大切ですが、そこに集中投資する必要はないはずです。買い入れが落ち着いたら別の銘柄を研究するようにしましょう。自分が心から投資したい銘柄を、10個見つけることが大切です。それが見つかるまでは心を静めて安全資産である貴金属を買います。

金融商品以外への投資行動も洗練させる

僕は人生のすべての判断が投資行動だと思っているので、あえて株や貴金属といった金融商品に手を出さなくても、やれることはごろごろあると思っている。特に僕は会社を経営する経営者でもあるから、自分の事業判断は投資そのものになる。

で。

株とか貴金属というのは、せいぜい年率数パーセントとかである。たまに数十パーセント上昇することもあるが、平均したパフォーマンスはそこまで高くない。1千万円の運用資金なら、数十万円稼げれば御の字だ。

だから、身の回りにあるもっと高い利益率の作業は丁寧にこなしたほうがよい。たとえば不用品の処分なんてのは、身に着ければあっという間にできる作業に洗練できる。数百円の不用品をキャッシュにする、これを一日にひとつやれば、年間にしたら数万円である。そこに運用資金は全く必要ない。こういう作業をないがしろにしてはならないと僕は思う。

使いやすいパスタ皿の選び方と自分の選んだパスタ皿

今年、一枚だけ良い食器を持ちたいと思って、パスタ皿を買った。それが、思いがけず便利で幸せになれたので、良いパスタ皿の特徴をまとめます。

僕が購入したのは、ロイヤルコペンハーゲンの 21cmディーププレートです。磁器の素敵なお皿で、贈り物などに選ばれることもあるかと思いますが、僕はあえて自分で自分用に買ってみました。ロイヤルコペンハーゲンにはパスタプレートという商品もありますが、そちらはどちらかと深めのボウルというイメージになります。個人的には21cmの小さめでちょうど良かったと思っています。

さらに、このお皿には実用的なメリットもありました。厚手の磁器は、まず、ちょっとした衝撃では割れそうにない安心感があります。そして、お皿自体に熱容量があるので、保温性がとてもよいです。たとえば、パスタを盛り付ける前に熱湯で温めておけば、長時間にわたって熱々のパスタが楽しめます。

高級感のある磁器を手元にもってよかったな、と思ったのは、食事を美味しく感じられるようになったということです。百均の食器と比べれば数十倍の値段になるわけだけれども、それでもお皿はいい皿がいいんだな、と気づかせてくれたのがこの食器でした。実際、スーパーで買った総菜だって、良い更にきちんと盛り付ければ美味しく感じられるようになります。ひょっとして贈り物でもらってしまうと、どうでもよい食器になってしまったかもしれません。自分で買ったお気に入りの食器、という位置を作ると、人生は豊かになります。

自動車需要が回復か?

トヨタおよび日鉄の決算がでた。自動車需要は確実に回復しているようだ。

為替が円高に走っているので、トヨタの業績好調がここからも続くかどうかは不透明だが、そんなことは知ったことではない。

我々が気にするのはプラチナである。プラチナ需要は自動車の販売台数さえ回復すれば上昇するのだ。トヨタの利益が減ろうと、そんなことは重要ではない。

現時点では、日本、中国は自動車需要が好調だ。このまま回復していってくれればいい。

で、貴金属市場は好調だ。菅氏の口先介入は完全に無視され、ドルは売られて円が買われている。いや、円が買われているというよりは単にドルが売られているといったほうがいい。バイデン政権誕生を予想して多くの人がドルを売っている。

貴金属が買われるのは時間の問題だと思っているので、ここは握る。