梱包材の再利用ポリシー

今日も、作業場・工場の整理・整頓ノウハウです。

梱包材、捨てるのもったいないとおもってとっとくと溜まるし、捨てるにしてもかさばるし、、、、ってことでうちの廃棄ポリシーです。

空気フクロなどカッターで切ったら一気に小さくなるものは、さっさと空気を抜いてゴミとして処分します。

スポンジ系のかさばるやつは、捨てるのは捨てるでかさばるので再利用します。とっとくのはマユみたいなやつです。あれ、ざばっと入れれば簡単・綺麗に梱包おわります。形が小さいのでゴミ袋に貯めておけば、効率よく保存できます。

プチプチのロールとかは邪魔なので持ちません。ビニル袋にきっちり入れて傷つかないようにして、マユと一緒にダンボールに入れるのが、簡単・確実ですね。

 

タッピンググリスを小分けにするときのコツ

タッピンググリス、買うと1kg単位の大きな缶なので、使い勝手が悪い。

私はジャムなどの瓶に分けて使います。

必要なタップが小さいなら、小さ目の瓶が都合が良いです。

タップやドリルを突っ込んだ時、そこまで届かないくらいの量だと、作業時に手が汚れずに済みます。

スプーンで半分くらい入れます。パンパンにすると困ります。

時間があるときはそのまま湯煎にします。パンパンにすると空気が抜けません。急ぎのときはヒートがんであぶって溶かして入れ込みます。

すると、綺麗に流れて瓶にピッタリ収まります。