AD820/AD822/AD824をADA4622-1,2,4の置き換える話

AD820/AD822/AD824 は柔軟性が高く使いやすいので、多様なアプリケーションで有効なオペアンプとして長年使われてきた単電源、レール to レール出力(RRO)、高精度の接合型電界効果トランジスタ(JFET)入力オペアンプです。

2017年現在の価格帯は、たとえばRSコンポーネンツではAD822が211円~ ADA4622-2が438円~となっています。

ADA4622-1/ADA4622-2/ADA4622-4は基本仕様が同じで、いくつかの点で性能が改善されています。同一設計で性能改善することができるので便利です。

入力電圧範囲に負電源と同じ電圧が含まれ、出力振幅はレール toレールと同じ範囲を達成しています。入力 EMI フィルタは、近くにスイッチング・ノイズ生成源がある場合に信号のノイズ耐性を高めます。

セトリング・タイム性能を改善したり、最新のシングル・エンド逐次比較型レジスタ(SAR)A/D コンバータ(ADC)の入力を駆動できるように、帯域幅とスルー・レートに関して速度が向上しているほか、出力駆動能力も強化されています。

電圧のノイズが低減されます。電源電流は AD820/AD822/AD824と同じですが、広帯域ノイズは 25 % 低減し、1/f は 50 % 低減します。ADA4622-1/ADA4622-2/ADA4622-4 では、AD820/AD822/AD824に対して DC 精度が改善されており、オフセット電圧は 1/2 になります。

ADA4622-1/ADA4622-2/ADA4622-4 には、最大温度ドリフトの仕様が追加されています。AD820/AD822/AD824 よりも同相ノイズ除去比(CMRR)が改善されているので、ADA4622-1/ADA4622-2/ADA4622-4 は非反転ゲイン・アンプや差動アンプ構成に最適です。

ADA4622-1/ADA4622-2/ADA4622-4 は−40 °C ~ +125 °C の拡張工業用温度範囲で動作が仕様規定されており、5 V ~ 30 V で動作し、+5 V、±5 V、±15 V で仕様規定されています。

ADA4622-1 は5 ピン SOT-23 パッケージと 8 ピン LFCSP パッケージを採用しています。ADA4622-2 は 8 ピン SOIC パッケージ、8 ピン MSOP パッケージ、8 ピン LFCSP パッケージを採用しています。ADA4622-4は 14 ピンの SOIC パッケージと 16 ピンの 4 × 4 mm LFCSP パッケージを採用しています。

pinフォトダイオード/raspberry PIで簡易パワーメータを作る

ちょっとした光学系の実験をしていると、パワーモニタが必要になるときがあります。絶対値をちゃんと知りたければ校正した計測器が必要ですが、系のドリフトや調整の具合を知るためだけなら相対値だけでよいですね。

今回制作しようと思ったのは、光学系の要所要所に挟み込む、安上がりだけど安定し、感度の十分にあるpinフォトダイオードを使った弱光用パワーメータです。

“pinフォトダイオード/raspberry PIで簡易パワーメータを作る” の続きを読む

i2cで簡単に使える高精度な温度センサを探す

i2cで簡単に使える高精度な温度センサを探している。
実験系のデータログを取りたいのだが、数百円~2000円程度でなるべく精度の良いものを探しています。

真面目にやるなら熱電対などを使えばよいが、楽にやりたい。

今のところ見つけたもののリストがこちらです。

  • SHT-71 ±0.3℃ 熱的影響を減らした基板デザインに実装済みで供給
  • SHT-75 ±0.4℃ 熱的影響を減らした基板デザインに実装済みで供給
  • SHT-35 ±0.2℃ 温湿度 -40~125℃ スイッチサイエンスDIP 2280円 裸RS1321円
  • SHT-21 ±0.3℃ 温湿度 -40~125℃ スイッチサイエンスDIP 1500円
  • MCP9808  :16bit 精度±0.25℃(typ.) 0.5℃(max.) 温度範囲 -20~100℃ スイッチサイエンスDIP 691円
  • ADT7410    :分解能0.0078℃ ±精度0.5℃ 温度範囲 -55~150℃, 秋月DIP 500円
  • TMP112AIDRLT 一応±0.1℃対応品を売っている

選定の判断はこうです。

  • 温湿度つきで値段が高くてもよければSHTがよい。
  • さらに2000以上だしていいなら最高グレードを選べ。
  • 値段を安く高精度が欲しいならMCP9808(ただし温度範囲狭い)
  • 値段が安い場合で温度範囲も100℃を超えたい場合はADT7410を使え。
  • 最新のデータシートをチェックせよ。

 

SHT3Xシリーズの精度チャートがあった。常温付近は精度そんなに変わらないんだな。

SHTシリーズの精度チャート 出典,リンク先:Sensirion

 

MCP3008/3208で変な値が出力されて困った→解決

MCP3008/3208で変な値が出力されて困っていたのですが、しばらく作業していて原因が分かりました。

シングルエンド入力しているつもりが、ディファレンシャルとして呼んでました。

Arduinoのライブラリを使っていたのですが、シングルエンド用のマクロは8~でインデックスがふられており、ディファレンシャルが0~でインデックスが降られていました。何気なく変数で0~で呼んでいたことが原因でした。

変な値がでてきたら確認しましょう。

Arduino M0を使ってみてうまくいかなかったメモ

Arduino M0を入手したので使ってみた。

Arduino M0 ProはAtmel ATSAMD21G18Aを搭載した、ARM Cortex M0+ CPUコアのマイコンボードである。

大幅に機能アップ、Arduino M0 Proは3.3V動作。各I/Oピンに入力できる最大電圧は3.3V。5Vはダメ。Arduino M0 Proの開発にはArduino IDE 1.7.6が必要。

Serialはそのまま使うことができず、SerialUSBを代わりに使えばよい 例)SerialUSB.println(“test”);

M0をしばらく使用しているとUSBデバイスといてのM0が認識しなくなることがある、パソコンを再起動すると回復するが開発効率が悪すぎて困った。

RN-42と接続してみたが動作させることに失敗中。

Arduinoの「L」とマークされたLEDの意味

こんにちは、寸止めボルトです。

Arduinoの「L」のLED

Arduinoのボード上に「L」とシルクスクリーンで記されたLEDがあります。私の中華製Megaもどきは、オレンジ色のLEDでした。

あるとき、これが点滅してスケッチが止まってしまいました。回路としてはUSBからの給電と、外部からの給電が両方使われている状態から、USBを外したタイミングでした。いきあたりばったりだが、なんだろう?ということになりましたた。

まず、このLEDは13番のピンに接続されており、スケッチから自由に使えるらしい、うん、便利だ。簡易表示出力用にいつでもつかえるLEDがあらかじめ用意されているのですね。

トラブルシュート

だが起きている問題はそうじゃないのでした。
以下のように状態が遷移したのです。困った。

 

L→消えている
プログラムは正常動作している

USBコネクタはずす

5秒後にLが点滅になる
プログラム停止

USBコネクタさす

10秒後にLEDは「点灯」
プログラム再開

リセットボタン押す

LEDは瞬間的に暗くなり再び点灯、
その後0.5秒かけてゆっくり暗くなって以後消灯
プログラムは動作している。

最初に戻る。

さんざん悩んだ挙句、くだらない理由が分かりました。

問題の原因

電圧が低かった。

単に5VのDCを供給して、電源電圧が足りなくなっていたのです。このArduinoは、ブートロードしている間はLが点滅するようです。

そして、起動すると消灯します。

でも電圧が足りないと、ブートローダーが正常に機能しないで点滅のままになるということのようです。

内部的なエラーメッセージにも「L」を使っていることがあるので注意が必要ということのようですね。

Raspberry PIのSDカードイメージをより小さいSDカードに書き込む簡単な方法

Venus GPSをRaspberry PIで使ってみた

 

オンボードのUARTを使えるようにする。

オンボードのUARTはデフォルトではコンソールの入出力が接続されているから、これを停止する必要がある。

とりあえずつないでみる。

-Iがない、、、のか、、

ポートがないとかいいやがる。

動いた、、、とりあえずNMEAのデータが表示されるようになった。

しばらく待っていると、基板上のLEDが点灯から点滅に変化、データが変化するようになった。

cgps, xgps,gpsmonなどで表示する。

とりあえずうまくいった。

だが、時刻表示が1990年になっている、、、なぜだ??

どうやらOSの時計が大きくずれていると、計算がうまくいかないようだ。

ntpで合わせてからしばらく待つと、それらしい時間を表示するようになった。

ブラシレスモータをRaspberry PIやArduinoで制御してみる

市販されているブラシレスモータとRC用のアンプとラズベリーパイでモーターを自由に動かせるか試してみた→成功した。という記事です。なんかアクセスが増えたのでちょっと加筆します(2017/7/10)

“ブラシレスモータをRaspberry PIやArduinoで制御してみる” の続きを読む

Raspberry PIのSDカードイメージをより小さいSDカードに書き込む簡単な方法

Windows環境では、Rapberry PIのSDカードイメージをWin32DiskImagerで読み込んで、別のSDカードに書き込むと、SDカードを複製することができる。これが一般的なラズパイイメージのバックアップ・複製方法だ。

けれども、コピー先のSDカードの容量が小さいと、書き込むことができない。しかも、同じサイズ表示のSDカードでもメーカーやロットによってサイズが違うことがあるからしばしば困ってしまう。

そんなときの解決法がこれだ。 “Raspberry PIのSDカードイメージをより小さいSDカードに書き込む簡単な方法” の続きを読む

ArduinoとHブリッジ回路でペルチェを加熱冷却両制御する予備検討

ArduinoとHブリッジ回路でペルチェを加熱冷却両制御する方法をまとめる。

ペルチェ素子(ペルティエ素子)は、今からおよそ200年前にペルティエによって発見された、異なる金属を接合した部分に電圧をかけて電流を流すと熱の吸収や放出を生じる現象・・・ペルティエ効果を用いたデバイスだ。今では数百円で使いやすいモジュールを入手することができる。

ペルチェの駆動には、数Aの大きな電流が必要だが、冷却のみであれば、そのままMOS-FETで電圧制御してやれば十分である。逆向きに結線すれば、加熱面と冷却面が逆転する。

“ArduinoとHブリッジ回路でペルチェを加熱冷却両制御する予備検討” の続きを読む