とにかく履き心地の良い靴下を手に入れるまとめ

自分はファッションに全く興味がない。だから、服もあまり選ばない人間だった。ましてや靴下なんて、選ぶ理由はなく、いつもなんとなく安い黒い靴下をまとめて何足か買ってそれを使っていた。

けれどもある時気づいたのだ。靴下には「履き心地」という概念があるということを。そして、履き心地はカネで買えるのである。そんなわけでしばらくの間、靴下を買って、「履き心地」をチェックし、良いものを選んでいく作業をしていた。

高い靴下といっても一足1000円から3000円のレンジなので、大した出費にはならない。3万円も予算があれば目ぼしいブランド靴下は履いていけるわけで、1年くらいかけて、好みの靴下をより分けていった。

その結果がこちら。

タビオというブランドの メンズ パワーフィット2×2リブソックスという製品だ。他の靴下は、結局のところどうでもよかったので、この靴下でチャンピオンは決定だから他は紹介しないことにする。

この靴下が素晴らしい理由を4つあげる。

  1. 内側の縫い目や仕立てが絶妙
  2. かかとの屈曲確度が完璧
  3. ゴムの締まり具合が良い
  4. 1年使ってもよれないで新品のままのクオリティ

まず、この靴下が素晴らしいのは、しっかりと履けるということである。1日履いていても、ルーズソックスみたいにだれたりしない。しっかり止まっている。それでいて、締め付けに不快感があるわけでもなく、むしろほどよい締め付けが続く。

不思議なことに、この靴下を履いていると、しっかりした靴下を履いていることに意識が向くのである。これは不思議な感覚だった。靴下なんて履いてしばらくしたら忘れてしまうくらい存在感のないものだった。それが、この靴下は靴下が足元をしっかり守っていてくれるというほど良い安心感を何十時間もくれるのである。

この理由を自分なりに研究した。結果わかったのだが、縫製の設計と実際の仕立てが本当に素晴らしい。不自然なひっかかりなどが徹底的に存在せず、ふしぜんにダレる箇所もまったくないのだ。実に無駄のない美しい設計なのである。そして、素材の選択もよく考えられている。

僕は服飾の専門家ではないから、これが何でできているかとか言う話には興味がない、たぶんメーカーのウェブサイトには書いてあるだろうから、興味があったら覗いてみてほしい。僕は、感覚的にこの靴下が世界一だと認識したので、それで満足しているわけだ。

他に試した靴下は20足くらいあった。安いものはどれも微妙な違和感がった。あるいは高級品でも、なんか癖があってしんどさがあった。この靴下だけは、純粋に心地よさだけを提供してくれた。

だから僕は生涯の靴下を買い続けるつもりだ。

Linuxマシンがやたらと遅くなった件

Linuxマシンがやたらと遅くなった。なんかおかしいのだけど理由が全く分からない、困った、という状態のまま、無理やり我慢して使っていた。

そして理由が分かった。memtest86+を走らせてみたところ、メモリにエラーがいっぱい見つかったのだ(60個くらい)

Linuxカーネルはこのエラーをうまく補正しながら走っていたのだろう。時々重くなり、数日ごとに固まる症状はそれだったのだ。

とりあえず、メモリをはずしてスロットを変更してさしなおしてみた。そしたら、memtest86+でエラーが検出されなくなった。おぉこれで治るのか。と思ってから1か月、症状は再発しない。

どうやら、コンパクトなPCでメモリとCPUが近すぎたため、メモリが熱的な事情でちゃんと機能していなかったようだ。CPUから遠いスロットに入れたら症状が改善した。(これは完全にただの推測だ)

とりあえず、memtest86+によって、メモリに問題が起きているかどうかの診断はできる、そしてエラーが起きないようにすれば快適な環境が戻ってくるということが理解できたので参考までにメモっておく。

メモリーチェックでエラーが発見される場合の故障個所候補はメモリ自体とマザーボード、そしてその両方が複合する要因の場合だ。いずれにしろエラーがあったら、原因箇所を絞り込んで解決したほうがよいということになる。

貴金属投資方針

僕の貴金属投資方針、迷いがなくなるように1か月単位で方針を決めようと思う。

2020年5月

5/12に決定した方針メモ:

銀:51円以上売り:50円以下なら買い検討
金:ホールド:動かさない
プラチナ:ホールド:2400以下なら買い検討

すでにほぼ目標金額までの買い付けを完了している。おなかいっぱい。
もはやポジションを動かしてもあまり得しないので、じっと我慢することにする。安値に釣られて不用心にポジションを増やしまうことだけは避けたい。

僕の考えるデスクトップを維持するための最強の壁紙(Windows用)

僕が、人生で一番長く使ったWindowsの壁紙がこちらだ。ネットサーフィンしていて見つけたもので、4分割が不思議と使い勝手がよく、また色味の選択も不便を全く感じなかった。

人類は、これ以上こまかく整理しても意味がないのかな?とさえ思った。

Color Quadrants, Adam Dachis 2560X1440

Color Quadrants, Adam Dachis

その後、僕なりにアレンジしてより使いやすくしたのがこちらだ。

気づき1: マルチディスプレイの使い方

僕は2560×1440の液晶モニタを2面使っている。一つをメイン(それを右側に配置する)、もう一つをサブモニタ(こっちは左側にある)と認識している。あるとき、4分割レイアウトは右側のメインモニタだけにあれば十分で、左側のモニタは暗いほうが楽なのだと気付いた。

気付き2: レイアウト崩れの解消

もう一つ問題がある、ウィンドウズのアプリケーションは自動生成したアイコンをメイン画面の左上から順番に並べてしまうことだ!

いくら4分割して意味付けした整理整頓を行っても、新規作成したアイテムが勝手に左上から順に並んでいくと、怠惰な僕のディスプレイはあっという間にぐちゃぐちゃになる。これが気に入らないのだ。だから、新規に生じたアイコンを配置するスペースは予約することにした。

これらを考慮して僕が作ったのがこちらの壁紙だ!

ねぇ、最強じゃない!?

カシオの株を買ってみた。

カシオがやってきたことは、本質的には情報機器と人間をつなぐメカニカルなインタフェースづくりとその量産技術・品質管理だよね。

スマートフォンや電気回路はソフトウェアを動かすためのプラットフォームだけれども、実はカシオはその部分はもともと大したことをやってきてない。まさに、電卓程度のことしかやらなかったわけだからね。

一方、多くの日本の電機メーカーはソフトウェアに大きなリソースを投じて、にもかかわらず結果的に大したものを残せなかった。リソースを投じても、ガラパゴスの外にでたら淘汰されるようなものを作ってばかりだった。下手したら、過去の遺産に執着したり、人材を手放せないあまり、損失の垂れ流しになっていたりする。

カシオは、筐体、ボタン、その値段の安さと安定性を作る会社なんだよ。そこを選択し、集中投資してきたことで、日本の製造業では珍しく、規模の割に国際的なブランド力と安定的な地位を獲得している。

スマホとインタフェースする製品で稼いだり、スマホメーカーと協業して技術を提供することで稼ぐとしても、スマホそのものを独自に作らないで稼げるというところがミソだ。

20年ぶりにピアノを弾き始めてい週間目で感じたこと

ほぼ20年ぶりにピアノを弾き始めた。

今僕は41歳で、最後にまともに弾いていたのは19歳くらいだ。5歳くらいから弾き始めて19くらいまではレッスンを受けていたわけだから、ソコソコ弾けていた部類だと思う。そんな僕だが、理数系の大学・大学院に進学してだんだんピアノと遠ざかり、最終的に事故で片耳の難聴になってからはついに完全に弾かなくなっていた。

そんな僕がおよそ20年ぶりに電子ピアノを買った。そして、ピアノを弾き始めてだいたい一週間だたった。最近の電子ピアノは、とても良くなったと思う。僕が学生の頃にもらった電子ピアノは本当にプラスチック的なおもちゃの鍵盤で打鍵は軽く、なんとか音量調整はするものの、すごくストレスのある楽器だった。

僕が今回手に入れたカシオのPX-S1000という6万円台の電子ピアノは、まるで本物(と言っても僕はもはやアコースティックのピアノにも触っていないからホンモノと比べることもできないのだが)である。どこかのメーカーのホンモノピアノとそっくり似ているということはないのかもしれないが、少なくともこういうタッチのピアノを売るピアノメーカーが世界のどこかにあったとして、楽器として売れると僕は思う。その程度に表現できる機械に仕上がっている。(悪い意味で機械という言葉を使っているつもりはない、僕は機械屋だからこの言葉が好きなのだ)。

この一週間で感じたことをメモ的に残したいと思ったので記事にする。とくに、ピアノが面白い楽器だと気付けたので楽しかったから。

まず最初、僕はまったく動かなくなっている指をむりやりひきづるように動かして、記憶の底にある音楽を弾きまくった。電子ピアノはヘッドホンが使えるので時間を気にせず延々と弾き続けることができる。

最初はまったく音楽とは言えない酷い打鍵が続く。楽譜も読めなくなっていたし、両手を別々に動かせるかどうかも怪しい水準だった。絶望の中にいた。ところが、少しずつ光が差してきた。

まず最初に弾けない事が分かるようになった。次に、弾けないところを弾けるように修正すると、「そらで弾けるようになる」ことを思い出した。その後、楽譜が読めるようになった。そして、他のことを考えながらピアノが弾けるようになった。最後に、表現したい音楽を考えながらピアノを弾けるようになった。ここまでくると、たとえば左手側に意識を集中しながら弾いたり、右手側に意識を向けながら演奏することができるようになる。そして、演奏をブラシアップできる段階になる。

ピアノ演奏リハビリの最初のプロセスは一週間で筋道を見た。

このプロセスがすさまじいことであるということに僕はピアノをかつて弾いていた時にはほとんど気づいていなかった。こんなプロセスが、とんでもない速さで、しかも簡単に人間に引き起こせるのがピアノという楽器のすごいところなのだ。

何がすごいのかもっと明解に文章にしたい。まず、ありえないスピードで人体の一部を動かせるのである。その出力が耳を通じて脳にインプットされる。すると、脳みそのどこかの回路が指先とつながって、メインの意識の外側で身体を動かせるようになってしまう。しかも自動ではなく自分の意思でそうしているという意識が持てる。次に、この過程が楽譜というかたちで表現されていて、それを目で追えるようになる。実に気持ち悪いことである。ピアノ譜は、口で歌えない程度には情報量が多い。それを目で追えて身体が反応するというのはピアノを弾かない人からはまったく想像できないだろう。20年離れていた僕も、正直なところ想像できなくなっていた。脳から指先や足身体全体に信号が伝わる回路が拡がっていくのを感じる。そしてあるところでその回路を自由に操作できるようになるのである。

ピアノ、、、クラビチェンバロ・ピアノ・フォルテという楽器は、とんでもない楽器だ。人間の10本の指をほぼ届く全領域まで動かさせる88の鍵盤を持ち音量方向にも大きなレンジを持つ。これを人類は17世紀に発明し、そのあとのたかだか200年くらいで古典的なピアノ曲の水準がギュギュンと伸びた。その途中のピアニストたちは、人体の可能性、脳の可能性を体に感じたに違いない。それと同時に、同じ感覚を共有できない99%の人類を眺めていたのである。

とりあえず、一週間目の雑感をメモる。

カシオの電子ピアノPX-S1000と三本ペダルSP-34を買ってみたらとても良かった

カシオ計算機のデジタルピアノPX-S1000を買ってみた。これに対応した3本ペダルSP-34も後から買ってみたが、とても良かったので報告する。あと、自分は技術者でもあるのでカシオさんに改良してもらいたい点もいくつか指摘しておく。

購入に至るまでの経緯

カシオの7万円弱で買える電子ピアノを買った。この製品、コロナで引きこもっている人が増えたためにめちゃくちゃ人気があって、巷では入手困難になっていて、おおよそ1か月以上の納期となっていたり、納期未定になっている。各販売店が在庫の取り合いにしのぎを削っているようだ。ヤマハのP-125も比較にあがるが、こちらはさらに半年近く納期が長くなっている(2020年9月現在)

自分はAmazonでほぼ即納で買えたのでラッキーだった。

買ったピアノの印象

コンパクトさと自分の保管スタイル

このピアノの特徴は、ハンマーアクションがしっかりと備わっていながら、厚さ方向、奥行き方向に非常にコンパクトということ。メーカーは世界一コンパクトだと言っているので、たぶん本当に小さいのだろう。

重さは11.3kgほどあった。幅が広いこともあって、この重さはとても軽いという感じの印象ではない。幅方向両サイドに手をかけて持ち上げると少し重く感じる。

自分は、普段は壁にたてかけてカバーをかけて保管していて、弾きたいときには普段使っている机の上にどっこいしょして使っている。自分の机はしっかりした机だったので安定感があった。11kgという自重はギリギリ良い重さで、これ以上軽くなるとピアノとしての安定感が損なわれてしまうんじゃないかと思う。背中に背負って運ぶバッグが別売されているが、力のない人には長距離移動はきつい。二宮金次郎程度のパワーが必要になる。

オプションで買った3本ペダル

もう一つよかったのが、後から買ったSP-34という別売の三本ペダルだ。これが絨毯の床の上にぽいっと置くと、とても安定感があり、滑りもない。フローリングならゴムシートを敷くなどの工夫が必要になるかもしれないが、それはまぁ各人の工夫次第でなんとかできると思う。電子ピアノのペダルはまぁまぁしょぼいことが多くていつも苦痛だった(実際、購入時についてくるプラスチックのペダルは本当におもちゃのスイッチだ。)のだが、この3本ペダルはこれだけとっても魅力的なしっかりしたつくりだから、今後もカシオを使い続けたい気分になる。このペダルはどうやら位置をアナログ出力しているようで、踏みこみによってたしかにホンモノのピアノのように作用の程度が変わるから本当に素晴らしい。

最小限のパネルの良さ

液晶などはついておらず、本体には電源スイッチと音量つまみ、あとタッチセンサ型のフラットスイッチがいくつかついているだけである。はっきりいって、このスイッチはこれ単体ではあまり使えない。たとえば、ファンクションボタンをタッチしながらいずれかの鍵盤を押すと何かができるみたいな仕組みになっているのだけれど、そんな機能はめんどくさがりやの自分には覚えられないからおそらく使えないだろう。

ただ、USBケーブルでスマホやタブレットと接続することができ、こちらから全機能が操作できる。このときは非常に扱いやすいユーザーインタフェースを利用できる。実際この部分はこれで十分で、電子ピアノをピアノ以上のものとして使いたい人はスマホをつなげばOKなのである。いまどきだれでもスマホを持っているのだから、わざわざ液晶やコンピュータ的な要素を加えて値段を高くする必要はないだろう。

電池駆動で屋外に持ち出せる

単3形アルカリ乾電池6本使用連続動作時間:約4時間

これ、すばらしくないか?ちょっと車に乗せて山の中にもっていけば、そのまま電池で駆動して遊べるのである。単三電池だから現地調達もできるし、エネループ的な充電池を持っていればそれを活用することもできる。

すごいよなぁ。デジタルアンプと低消費電力ICのなせるわざだね。燃費がよい。軽さがこういう形で生かせるのは、本当に素晴らしいと思う。

カシオの偉業

僕はこのデジタルピアノはとても素晴らしい工業製品だと思う。カシオというのはG-shockを作っている会社でもあるし、関数電卓を作っている会社でもある。この会社のすばらしさは、人間の扱う機械的なスイッチを、高いレベルで作り上げる開発力と、それをリーズナブルなコストで大量生産する素晴らしい生産技術にあると思う。カシオは楽器メーカーではないからこそできる仕事をしっかりしている。

楽器としてのPX-S1000の性能も素晴らしく、ハンマーアクションの感触は絶品で、ヤマハや河合やローランドの最新製品と同等のものに仕上がっている。鍵盤の品質で言えば、他社であれば値段的に2倍程度のクラスに相当すると思う。それが半値で買えて、しかもコンパクトであるのだから、これを買わない理由はもうない。

PX-S1000以外を勧めるとしたら、40万円以上のデジピか、さもなくばホンモノのアップライトピアノを買うことだ。それくらい、工業製品として追従を許さない仕上がりになっていると僕は評価する。

さて、音質に関して言うと、こればかりは好みがあると思う。PX-S1000はアプリを使うことでピアノだけでもいくつかの音質に変更できる。その中に自分の好みのものがあれば最高である。こればかりは個人の感性なので、好みじゃないというのなら、他社製品を選ぶことになるだろう。だから、音にこだわるなら楽器を買うときは試弾したほうがいい。でも、僕は音に関しては無頓着なほうなので、通販で買ってそれで満足した。

付属の楽譜が素晴らしかった

付属の楽譜、素晴らしかった。たまたま自分にとってほしい楽譜が網羅的に入っていた。別に買おうとしていたけれど、しばらく買わなくて済みそうだ。

PX-S1000のこうにゅうを検討している人は、楽譜の目次をチェックしてみてほしい。ひとにとっては役に立たないだろうけど、人によってはとても嬉しいに違いない。

気に食わないところ

カシオさんに、気に食わないところを申し上げたい。

ACアダプタのケーブル長さ、ペダルのケーブル長さは、あと50cmでいいから長くしてほしかった。僕はデスクの上に置いてピアノを弾くわけだが、ケーブルの引き回しが難しい。背面にコネクタがあるから、背面に両方のケーブルを差し込むのだが、ピアノの下にケーブルを流せる空間がないので、机の向こう側からケーブルを下ろさないと、足元まで届かないのである。

無論、丁寧に線をレイアウトすれば届かなくはない距離なのだが、最短に近い。これだと、ぱっぱと置いてチャッチャと遊びたい無精にはわずかに足りないのだ。これが僕の気に入らないところだ。

後二点、

スマホとの連携にはUSBケーブルではなくBluetoothかWifiで連携できるようにしたほしい。いまどき、この手の開発はとても簡単だ。次の世代ではぜひとも対応してほしい。

もうひとつ、Bluetoothのオーディオ出力も用意してほしい。最近は、コードレスヘッドフォンに秀逸なものがある。そして、最近のBluetoothには遅延がほとんどないから、ゲームや楽器でも使えうるのだ。このPX-S1000は3.5mmのミニジャックだけだから、普段はbluetoothを使っているにも関わらず、有線ケーブルのヘッドフォンを専用に用意しないといけなくなる。これも、次世代ではぜひとも対応してほしい。

molex Mini-Fitコネクタについてのメモ

Molex Mini-Fitコネクタというコネクタについてメモを残す。

製品ページはこちら。
https://www.japanese.molex.com/molex/products/family/minifit_power_connector_solutions

大電流高密度用のコネクタである。

型式の例:

3mmピッチ

440670601 vertical header
43025 0600 レセプタクル 端子43030
43020 0600 ワイヤプラグ(オス) 端子 46031
430200600パネルプラグ

4.2mmピッチ

46015-0402‎ 4.2mm vertical header female
5559 Plug Housing 46012 @male
5557 Receptacle Housing 45750 female pin
42475 panel mount plug 46012


ガラス産業でのプラチナ需要が伸びているという話。

この1年で、ガラス産業におけるプラチナ需要から2トンから3トンへと50%増加したとのこと。1トンくらいと思うかもしれないが、プラチナの全世界供給量が200トン強しかないことを考えれば1トンは大きい。

ガラス産業でプラチナは、高温で用いるるつぼとして使われる。

屈折率や強度などさまざまな物性が繊細にコントロールされて光学ガラスや液晶スクリーン用のガラスは製造されるが、高温で溶解させる工程を含むガラス製造では、溶解させる炉として適した材質がプラチナしかないのである。

高温にすれば、大抵の金属・非金属は個体から液体になるし、溶解しないまでも拡散して材料(この場合はガラス)に不純物として混入してしまう。ガラスの物性は不純物の比率を極めて精度よく調整することによって実現されるから、るつぼを高温でも溶けず、かつ他の元素と反応しないプラチナで作る必要があるわけだ。反応性のない金属と言えばゴールドもあるが、この役割にゴールドは使えない。なぜならゴールドの融点は低くたやすく溶けてしまうからだ。

そんなわけで、高性能ガラス(特別な付加価値をつけるために繊細な調整をして作られるあらゆるガラス)を人類が発明し、あらたな需要が創出されるたびに、プラチナの需要は高まっていく。これは、ガラス工業が発展するにしたがって拡大することはあっても縮小することはない。

そんなわけで、2トンが3トンに増えたというのはとても大きな出来事だ。これは、件のコロナ騒ぎで液晶需要が増えたためなどと説明されているが、長期的にもこの傾向は拡大することが期待できるだろう。

そう、プラチナに投資しておこう。

Design Spark PCBを久しぶりに使うとき用メモ

学習に関するメモ

どういう段取りで作業するのかすら記憶から消えてしまうのでつらい。


1)ライブラリを作る

2)回路図をつくる

3)PCBに変換する

4)アレンジする

この四つの作業を思い出せば使える。それぞれ、ウェブで調べると10分ずつの学習でいける。

発注先に関するメモ

PCB GoGOに発注する。こちらのサイトを見て検討した。英語だけでなく日本語サポートが一応あるというのと、基板の選択肢が多いということを考慮した。

値段的にはEleclowが安そうだが、大きな差はないようで、基板のバリエーションはいろいろ作っていると必要になるので、最初の取引はより幅の広いもので検討する。大量に制作するようになったら、より安価な選択肢を検討したいという判断。

とりあえず、PCBGOGOの内部の自動見積もりを入れてみたら、5枚で5000円弱だった。このうち19ドルがDHLの送料。一か月待てるならChinaPostを選択すると送料が7ドルまで下がる。すごい!

とりあえず登録すると50ドルのクーポンがもらえた、すごい!50ドル使うまで10%ずつ割り引いてくれるらしい。期限は無期限! Cool!

PCBGoGoに発注するための出図 from DesignSpark PCB!

手順に従ってサイズなどを入力すると簡易見積もりがでる。

5枚、送料込みでだいたい5000円だった。OK

次にアップロード作業

こちらに説明があった。

https://www.pcbgogo.jp/Article/c7124d4b035d9c609356d25843ba7c8c.html

慣れてない状態で操作にだいたい10分弱くらい。

1時間くらいは確認中の表示となり、その後発注可能になった旨のメールがきたので確認すると発注ボタンが表示された。ぽちっとするとペイパルの支払いへジャンプ、だいたい3分くらいで発注操作が終わった。