5000円のSORAのブレーキでも一般サイクリストには必要十分

SORAのブレーキでも一般サイクリストには必要十分である。

これ、大事なことだと思うのでメモしておく。

SORAブレーキはどんな性能を持っているのか?

30km/hで制動すればよいような状況では、現代のSORAは十分な性能を持っている。

これは、平地で素人の全力状態から、十分に安全に制動できるという意味である。

50km/hで停止すればよいような状態でも十分な性能を持っている。

これは、下りで素人が危険を感じるような速度域から、せーので急制動しても十分な性能を持っているという意味である。

年々改良されている

10年前のSORAと今のSORAでは1.5倍くらい制動力が違う。もういいだろうという水準だと思う。

前後で5000円くらい

安いと思う。

105クラスになると、前後で7500円くらいになる。1.5倍違う。
アルテグラだと12000円くらい、2.5倍違う。

自転車作るとき、パーツで2500円安いのは結構重要である。

 

SORAと上位コンポではどんな違いがあるのか?

若干重い。

素人サイクリストが簡単に軽量化できるのは、自分の体重や所持品である。コンポを無理に軽くする必要はないと思う。上位モデルと比べても10gも違わない。105あたりだとSORAの方が軽いくらいである。ブレーキはもともと軽いからだ。

ちなみに

高速域でのコントロール性能が違う

50km/hを超えるような領域で、並走者と競い合うような状況であれば、コントロール性能が意味を持ってくる。ブレーキを使った速度の急速な微調整を行うと言う場合である。

素人は、ペダリングで速度を調整するから、はっきりいってあまり関係ない。まずは、全力でペダルを踏めるようになりなさいという話である。

SORAブレーキでOKな理由

最初の自転車は、SORAで十分にOKである。まず、身体を絞り込み、荷物を調整し、ペダリングが上手にできるように練習するべきである。

モデルチェンジのたびに結構劇的に性能が向上するのもブレーキだ。

また、ブレーキ系はブレーキ系だけアップデートできる。

特殊工具がなくても、自分で交換作業ができる。

中古でヤフオクなどで譲渡することも簡単である。

無理して上位コンポを最初から買う必要はないと思う。

 

超軽量シングルスピードを作る

  • フレームまわり……フレーム、ヘッドセット、フォーク→1580g
  • 駆動まわり……コグ(50g)、チェーン(300g)、チェーンリング+クランク(600g)、BB(50g)→1.0kg
  • ブレーキまわり……ブレーキレバー(115g)、ブレーキワイヤ(43g)、Fブレーキ+Rブレーキ(220)→382g
  • 足回り……ホイール(2000g)、タイヤ(1200g)→3.2kg
  • ハンドル(280g)→280g
  • ペダル(300g)→300g
  • サドルまわり……シートポスト(200g)、サドル(100g)→300g

 

フレームまわりの選定 合計重量 1580g

フレーム

  • IP-F04 1060g フォーク420g

BB79/Tapered 1-1/8”, 1-1/2”

ヘッドパーツ 100g

 

駆動まわり

  • 歯数:58T  ・重さ: 約 135g(実測)
  • PCD:130mm
  • 対応スピード:8/9/10速
  • 薄歯 厚み 約2mm
  • 取付穴部厚み:約3.5mm

シングルスピード用リア完組ホイール

Amazonで手に入る完組ホイールってこれだけかな。(DIA-COMPE/ダイアコンペ) (自転車用完組ホイール)グランコンペ トラックホイールSL リア

あとは、買うと10万円を超えるようなのしか見つからない。基本は手組らしい。

シングルスピード用フロントホイール

シマノ WH-RS500 

いわゆるアルテグラグレード

  • リムタイプ、材質:ロードチューブレス / クリンチャー、アルミ
  • 機能・特長:オフセットリム(リアのみ)
  • リムサイズ:622-15C / H:23mm,W:20.8mm
  • スポーク本数 、 OLD、リア対応スピード:F:16 / R:20、F:100mm / R:130mm、11/10スピード
  • QR軸長:F:133 / R:163mm

 

WH-RS21

シマノのRS21は低価格なのにすごくいいホイールだ!と絶賛されていたりする。

  • 重量 フロント820g、リア1030g、合計1850g
  • オフセットリム
  • リムテープ付属、クイック付属

シマノ WH-R501

5000円台から購入できるコストパフォーマンスの良い激安軽量完組ホイール。WH-R501は、エントリークラスのロードバイク完成車によく採用されていている。

WH-R501にはリム高24mmの「R501」、エアロスポークを採用した「R501-A」
さらにリム高30mmの「R501-30」がある。

鉄下駄と呼ばれ、重い重いと言われながらも年々軽くなっていっている。

 

 

シングルスピードを自分で組む時の部品選定の考え方

シングルスピードを自分で組む、自作するときの、部品選定の考え方をまとめました。部品選定でどういう配分になるのかというのは、人によって全く違うと思いますが、、とりあえず好み半分でいきます。

“シングルスピードを自分で組む時の部品選定の考え方” の続きを読む