10Wの冷凍機でサーロインステーキを冷凍する時間は?

10Wの冷凍能力のある冷凍機で200gのサーロインステーキを冷凍する時間を見積もってみよう。

“10Wの冷凍機でサーロインステーキを冷凍する時間は?” の続きを読む

ママチャリのチェーン調整の方法と必要な最小工具

作業時間は、慎重にやって6分、急いでやれば2分30秒というところだ。一度やっておくと、一生使えるノウハウになるのでチャレンジしといてほしい。

ちゃんとした記事はWeb上に簡単に見つかるので、簡潔な作業メモを残す。

“ママチャリのチェーン調整の方法と必要な最小工具” の続きを読む

白色で油性のペン

白色の油性ペンが欲しいと思うことがしばしばある。

私の場合、黒アルマイトの製品を製作することが多く、マーキングに黒のペンが使えないから、無理やり鉛筆を使ったりしていた。

というわけで探してみると、世の中には、白の顔料系の油性マーカーがいくつかあるらしい。というわけで、とりあえず買ってみた。

三菱鉛筆 uni ペイントマーカー

この種の製品は顔料系インクということもあり、同じような商品にはインクがドバドバでてしまったとか、薄くて濃い背景だと透けてしまうという批判的なレビューが目だった。そんな中、Amazonのレビューで最も批判的な評価がなく、無難そうだ、という理由で選んだ。

とりあえず、これを買ってみて、しばらく様子を見てみようと思う。何かわかったら、追記する。

 

FXシステムトレードの事前調査

ここ十日間ほど、FXにはまった。為替証拠金取引というやつだ。

たまたま、為替関係のニュースがあり、ふと昔作った口座をみたら、8万円の残高があったので、ちょっと気合いを入れて取り組んでみた。

8万円はこの十日の間に、24万円に膨れ上がり、その後、15万円まで目減りした。そこで、もう頑張るのを止めることにした。勝ったのは、運であり、負けは嵩むことが明らかになったからだ。

しかし、いくつか発見をした。為替取引を自動処理する試みは、良い趣味になるかもしれないということだ。これは、勝ち続けることは難しい。けれども、10回勝つくらいの自動処理は、出来るように感じたのだ。金儲けではなく、趣味として取り組めば、面白いかもしれない。

“FXシステムトレードの事前調査” の続きを読む

ArduinoとHブリッジ回路でペルチェを加熱冷却両制御する予備検討

ArduinoとHブリッジ回路でペルチェを加熱冷却両制御する方法をまとめる。

ペルチェ素子(ペルティエ素子)は、今からおよそ200年前にペルティエによって発見された、異なる金属を接合した部分に電圧をかけて電流を流すと熱の吸収や放出を生じる現象・・・ペルティエ効果を用いたデバイスだ。今では数百円で使いやすいモジュールを入手することができる。

ペルチェの駆動には、数Aの大きな電流が必要だが、冷却のみであれば、そのままMOS-FETで電圧制御してやれば十分である。逆向きに結線すれば、加熱面と冷却面が逆転する。

“ArduinoとHブリッジ回路でペルチェを加熱冷却両制御する予備検討” の続きを読む

実験用バーナーとして、アルコールストーブを作る例

アルコールストーブを、登山家の人に見せてもらった。

これを作っておくと、ガスバーナーの代わりになるんじゃないかしら??

というので動画・資料を集めてみた。

“実験用バーナーとして、アルコールストーブを作る例” の続きを読む

なぜかよく切れてしまう電球

我が家のトイレの電球はとてもよく切れる。

3ヶ月程度、ひどいと1週間だから、異常だ。ちなみにLED電球も切れるから悲しい。

今回の挑戦は、110V60W Panasonic製の電球を買ってみるというものだ。

Amazonで、5個で 855円だった。本当に切れなかったとしたら長期間在庫が持つことになる。すぐに切れてしまったら、5個なくなるまでに代替の選択肢をさがそう。

続く